本文へスキップ

 Japan Chald Meningtis Organization 

細菌性髄膜炎とは?

原因菌・症状・治療法・後遺症

原因菌

髄膜炎には無菌性髄膜炎と細菌性髄膜炎があります。
ここでは細菌性髄膜炎について書きたいと思います。

現在日本で発症する細菌性髄膜炎の約60%はヒブ(Hib=インフルエンザ菌b型)*注) 約30%は肺炎球菌によるものであわせると約90%を占めます。
その他髄膜炎菌・リステリア菌・大腸菌・クレブシエラ属の菌・B群レンサ球菌(GBS)などがあります。
乳幼児に感染しやすく、いずれの菌も自然界に存在し、おもに感染者の呼吸器の分泌物に接触することで感染〜発症します。

*注) 冬に流行するインフルエンザをひきおこすウイルスとは全く異なる1890年にインフルエンザの患者からこの菌が発見されたことから命名されたそうです。


症状
発熱・頭痛・首の硬直・咽頭痛・嘔吐など、これらの症状が現れる前にせきなどの呼吸器系の症状がでることもあります。さらに皮膚の下の細い血管が炎症・出血をおこし皮膚に発疹が現れることもあります。
 
2歳未満の乳幼児では、発熱・授乳困難・嘔吐・けいれん発作・大泉門の隆起などの症状がでます。
また、脳周囲の髄液の流れが阻害され、髄液が溜まって水頭症の症状がでることもあります。
 
細菌が髄膜から脳に波及し髄膜脳炎になる場合もあります。
 
まれに、脳の内部に膿の蓄積(膿瘍)が形成されることがあります。
膿瘍が大きくなると脳内の圧が上昇し、嘔吐・頭部の拡大・泉門の腫れなどを引き起こします


治療
脊髄(腰椎)穿剌で検査(髄液検査)し、細菌性髄膜炎が疑われたら、ただちに高用量の抗生物質を静脈内に投与されます。
非常に容体の悪い場合は脊髄穿刺を行う前に抗生物質を投与される場合もあります。
生後6週間を過ぎた子どもには、永続的に神経障害が残るのを予防するためにコルチコステロイド薬を投与します。
 
近年では菌の薬剤に対しての耐性化が急速に進んでいて、適切な治療が難しくなってきているそうです。


後遺症
残念なことなのですが、
迅速で適切な治療が施されても、細菌性髄膜炎を起こした
新生児においては約30%は死亡しています。
月齢の高い乳児・小児であっても
ヒブ(Hib)が原因・・・3〜5%
肺炎球菌が原因・・・10〜15%
脳膿瘍がある子の場合・・・25%
の子どもたちが死亡してしまっています。
 
そして生存した子ども達の
10〜20%に脳と神経に重大な損傷が生じ、脳室の拡大(水頭症)、難聴、脳性まひ、精神遅滞などを引き起こし
また非常に多くの子ども達に学習障害、軽度の難聴、ときおりのけいれんなどの
後遺症が残っています。



(赤字でしめしました下記の原因菌については別途補足ページを準備中です)

髄膜炎菌・・・日本では発症が少ないものの海外長期渡航や留学、移住などの際に注意が必要。
予防するワクチンがあります

B群レンサ球菌(GBS)・・・ヒブと肺炎球菌の多くが予防できるようになり、今最も日本で多い原因菌、新生児期感染が多いため注意が必要。残念ながらワクチンはありません。

一般社団法人 
細菌性髄膜炎から子どもたちを守る会

お問い合わせ
プライバシーポリシー

同時接種の できる医療機関 エントリーフォーム  同時接種が できる医療機関 閲覧用リスト